マタニティヨガ いつから?【マタニティ経験がある講師がお答えします】

 

お腹の赤ちゃんは、今、何週目ですか?!

こんにちは、理恵です。

ほとんどの場合、16週以降の安定期へ入ってから

 

マタニティヨガ教室や、スタジオレッスンが受けられます。

ただ個人差はあります。

担当医から運動許可が出ていて、心身ともに安定しているのかどうかが、目安となります。

マタニティヨガは、

激しいスポーツではないので、呼吸ができ、程よく動きたい、ストレス解消したい、

そんな妊婦さんには、最適な運動&ストレッチになります。

ただ、カラダやココロは、みんな違います。

そして日や時間帯によっても違うものなのです。

特に妊娠期間は、日々変化があることを理解し、ヨガに参加する事が大切です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

チェックしてみましょう

  • つわり  ある・ない
  • 貧血症状  ある・ない
  • 睡眠不足  ある・ない
  • めまい   ある・ない
  • こむら返り  ある・ない
  • 食欲  食べ過ぎてしまう・食べれない
  • お腹の張りの頻度  多い・少ない・ほとんどない
  • 心配事  多い・必要に応じてある・まったくない
  • 運動  好き・嫌い・ヨガならやってみたい

・・・・・・・・・・・・・・・

 

ヨガへ通う時、今日の自分にあった強度や内容のヨガを選ぶことも大切です。

ヨガ講師へも、何か気になる事がある日は、クラスの前に伝える、

または伝えやすい教室やスタジオであるのかも、チェックポイントになります。

 

寝不足や貧血症状が出ている日には、

ヨガをするよりも、栄養を摂って休む事が大事でしょう。

マタニティとは、過ぎてみると分かるものですが、

たいへん短い期間に、カラダもココロも大きく変化していきます。

様々な症状がでたり、または自分では気づいていない変容などもありますので、無理は禁物。

元気に過ごせている中にも、

妊娠中であること、日々変化する体で赤ちゃんの命を育み、守っている事を理解しておきましょう♡

マタニティヨガを始める、妊婦さんが年々増えております

 

妊娠という限られた期間を、カラダとココロの両面からサポートし、より健康に過ごしたい。

それだけではなく、女性の一生の中でも、特別な期間がマタニティです。

言いかえれば、小さな命を授かり、たった10ヵ月といった短い期間に人間を創るカラダは、

女神のような神秘性や、奇跡かのように感じる母胎体験を充分に味わいたい!!

このような母性溢れる、素晴らしいマインドをお持ちの妊婦さんが増えているのです。

そのひとつに、

現代は、心の成長やゆとりが十分に育ってから出産する時代になりました。

昔むかしは、10代で出産する時代。

20代が適齢期と呼ばれた時代。

30代で出産したいと考える女性が増えた時代。

40代初産や妊娠希望が増えた時代。

時代と共に、女性のマインドにも変化が起こっていますよね。

どれが一番いいとかではなく、どれを自分が選ぶのか?

どのタイミングで自分は出産したいのか?

女性の一生の中で、どの時期を選ぶのか、選択していく時代です。

この考え方は、

情報に惑わされるのではなく、情報を噛み砕いて、自分の意思決定の糧にしていく。

こんなマインド作業が、今を生きる女性には、大切なポイントにもなっていますね。

すべてが、生きてきた年月で決まるわけではもちろんありませんが、

年齢を重ね経験値がある分、マタニティへの意識が高まり、選択肢が増える傾向にあるのは、常々肌で感じますね。

自分らしいマタニティライフを充実させ、楽なお産を望む妊婦さんが増えてきています。

そんな女性たちから、ヨガは選ばれています。

妊娠・出産は、女性の人生の中で、最高な経験となります。

この最高な経験を、自信や母性の土台として、産後始まる子育てに役立てていって欲しいです。

 

出産はゴールではない

 

出産はゴールではありません。その後には、24H年中無休のような、育児が待っています。

育児を楽しめる、カラダ作りとメンタル作りを、マタニティヨガで身に着けておくのも、オススメです。

産後は、思うように出かけたり、今までのように自分の時間が作れなくなります。

そんな時に、ヨガ教室でやっていた、ポーズや呼吸法、瞑想法をやって、リフレッシュしてみる。

また、育児疲労を癒したり、自己メンテナンスの時間を持つことは、育児にもゆとりが生まれます。

根詰めると、なんでもガチガチになるものです。ほどよく息抜きができるのも、ヨガの特徴でもあります。

妊娠初期でもOK!マタニティ瞑想

 

まず、瞑想と書かれると、ちょっとハードルが高く感じてしまう、

そのような声も聴こえてきそうです。

ここで行う瞑想は、赤ちゃんとの対話(瞑想)です

 

もうすでに普段から赤ちゃんへ声をかけたり、

自分の気持ちを伝えているママが多いかもしれませんが、

瞑想×心理学の手法を書いていきますので、ぜひプラスして行ってみて下さい。

 

 

楽な姿勢を作りお腹へ手をそえます

寝て行うもOK。気持ち良ければそのまま眠るのもOKです。

↓ ↓

お腹の中・赤ちゃんへ気持ちを向けていきます

↓ ↓

楽な呼吸を繰り返しながら、続けます

↓ ↓

赤ちゃんへ今の感覚や気持ちを伝えます。

↓ ↓

お腹の中の存在を感じた、そのままを伝えます。

言葉にするのが苦手な方は、言葉になるまで、お中の存在を意識して呼吸だけする。

これでもOK.できたら言葉になるまで、何回も続けてみましょう。

赤ちゃんへ言葉がけをしている方は、伝え方に重要ポイントがあります。

『私は、・・・・・・・。』主語をしっかりつけましょう。

心理学では、I(アイ)メッセ―ジと言います。

ママの気持ちや考えを、ちゃんとママの考えとして、

子供へ伝える練習をしておきましょう。

子育ての中で、

ママはね、・・・・。と自分の気持ちや考えを伝えられなくなる場合もあるのです。

普通は、・・・・。

みんなが、・・・・。

あの人が言ってたから、・・・・・。

このようは会話が増えてしまうと、子供は混乱します。

何を信じ聞き入れればいいのか?

自分の考え方や、基準となるものが分からなくなるのです。

詳しくは、交流分析という心理学があるのですが、またその部分については書きたいと思います。

 

赤ちゃんへ気持を向ける=自分へも意識を向ける

 

そんな対話瞑想を、ぜひマタニティ期間に習慣にしていきましょう。

産後の子育てにも、夫婦中にも、I(アイ)メッセージは使えます。

愛を伝える手段にもなりますから、覚えておいて、ぜひ使いましょう♡

 

では、最後にチェックポイント

息が止まってしまうと、赤ちゃんへ充分な呼吸が届けられなくなりますので、

息が止まっていないか、不自然な呼吸になっていないか、

こ2点は十分にチェックし行いましょう。

そして気持ちの面も同じです。

やりたくないのに、赤ちゃんのためだからやる!

これは絶対にやめましょう。

裏面心理が子供には伝わり、自分のせいでママに苦労をかけている。

そんな事を子供は考えれるほど、ママを思いやり愛してくれるものです。

I(ママ)がやりたいから、やるのよ♡

純真な子供とのコミュニケーションでは、このスタンスは大事にいきましょう♡

 

最後までお付き合いいただいたママさん、赤ちゃんに会える日が楽しみですね♡

楽しみの中にも、お腹に赤ちゃん抱え暮らすのは、心配事や悩みも増えるかもしれません。

ヨガでは、カラダとココロを整え、健やかに暮らす秘訣が学べるのも、メリットの1つになるので、

ぜひヨガはお薦めです。

 

あなたのHappyマタニティを、心より祈っております♡

 

コメントを残す

Address

名古屋市西区こも原

phone

090-7955-0735

email

rainbow.55rich@gmail.com

Photo_19-12-11-23-47-41.922-340

Glitter © 2020.
All rights reserved.