心の機能を知り 心を軽く保つ心理学 心と繋がるソーシャルマガジン#18

 

こんにちは、RIEです

 

ヨガ講師をしたり

マインドトレーナをしたり

2児の子育てママをしたり

最愛の夫の妻をしております

 

 

心の機能

 

1,思考

2,感情

3,五感覚

4,直感

 

精神科医で心理学者の ユングさん が提唱される

心の機能という考え方をもとに

今日は

ご自分の心を 更に深堀してみましょう

 

この4つの機能ですが

ちょこと説明を足していきますね

 

 

思考とは

出来事や場面において

客観的な視点でそれらを見て

分析したり論理的に 理解しようとする機能

この出来事には

原因や理由があって なるべき結果がこの場面なんだ

そのような 客観的な捉え方が 特徴です

 

 

感情とは

出来事や場面において 感情や自分の気持ちが優先されます

その出来事において どう気持ちが動いたか

どのように感じたのか 機能します

出来事の記憶も 感情で行われる事が多いでしょう

そのため

物事の判断は 自分が好きか嫌いか

自分に合うか合わないか

感情的から なり

論理性には欠けたりもします

 

 

五感覚

5つの感覚機能を指します

・目(視覚)

・耳(聴覚)

・鼻(嗅覚)

・口(味覚)

・皮膚(感触)

 

感覚機能から 目の前の情報が送られ

現状を把握・判断する機能になります

 

人間的な思考するとか

感情が動かされる

その前に機能するので

少々動物的・欲求へも関連する機能でしょう

なんらかの出来事や場面において

それらの善悪や満足不足などの判断ではなく

ありのままを捉えるのが 感覚機能の特徴です

 

直感とは

予感・ひらめきを指します

なんかそんな気がする

目の前での出来事から予測される範疇ではない事を

イメージしたり アイディアが浮かんだりもします

 

すべての人に備わった心の4つの機能ですが

人それぞれに 個性がありますので

この4つの中でどの機能が働きやすい

性能が高い・低いなどはあります

どれが高ければイイ

とか

機能すると素晴らしい

とか

そういった判断ではありません

あくまで自分の心の機能について

その特徴を知っていきましょう♡

 

1の思考と 2の感情 は 対極になったり

対立する場面も 多々起こります

3の五感覚と 4の直感も

機能的に対極の立場に 置かれたりします

 

なので4つの機能があるコトをまず理解して

問題場面と上手く行ってる場面で

自分の心はどう機能していたのか

整理・理解できると

偏りやアンバランスな働きが減り

自分の心が 自分らしく 機能してくれます

 

心や自分へ興味を抱くと

心理学を学んで

自分の過去や未来に対する心の様子を

観察したり

分析したりして

また違った心理学でもそれを試して

心を掘り下げていくことになるので

超!超!超!!!

時間や手間や学びがいるんですよね

これをやってると

心の機能を理解したかったはずが

いつの間にかズレていく傾向が

人間の心理はあります

良くなるためにやってたはずが

自分を責めたり

傷口に塩をぬり込んだりし

知って軽くなるどころか

重く辛い目にあったりし

目的がズレ 見失ってしまうことも(笑)

当の本人は 笑えませんがね

なので

思考ですべて把握したい

1を満たしてあげたい方は

とことん学んで実践して

自己体験から分析を繰り返し

悟って行ってくださいね♡

 

 

バランス感覚

 

そこまでしなくても

軽くなればいいよ~♡

 

私の心ちゃんが

楽に機能してくれたら それでいいよ~♡

 

こんな思考がある人は

バランス感覚を 大切にしましょう

それは問題が起きた時に

バランスをとる事に集中するのです

 

谷間にかかる一本橋をイメージしてみて

(手すりなし)

底は観えないくらいの高さ

 

こんな状況だったとし

バランス崩しそうになったら

ヤバっ!!!!って 思いますよねーーーーー

 

バランスを崩したら

痛いどころじゃすまない場面ですよね

 

自分の心のバランスが崩れていたら

ちゃんとヤバって思ったり

感じたり

5感覚を使って

心のみんなで協力して

これなら乗り切れるかも

行けるかも!

そんな閃きを生み出しましょう

 

その閃きは

等身大のあなたから生まれた

直感(答え)なので

きっと心がしっくりきます

軽やかさや明るさを 呼び戻してくれます

必要な時間や期間は

個人差だけでなく

問題の大きさや内容にもよるでしょう

 

心のバランスをとるには

心の機能の特徴を個性とみましましょう

強弱や優劣なども個性で

個性を直す必要はないのです

でも個性を大切にするために

眠ってる部分を起こしてみる

使い慣れない部分にも エネルギーを巡らせてみる

そんな方法でいくのが

一番早く楽で軽くなれますよ

 

バランス♡バランス♡バランス

 

 

じゃあまたね

 

追記

先ほどイメージした谷間の橋は

危ない!

バランスを取らなきゃ!

をイメージするためです

決して左右バランスだけが大事!

そんなメッセージではありません

 

4つの機能でバランスをとって

使い慣れてる 心の機能ばかりを使うんじゃなくて

それぞれ みんな輝かせてあげて

 

思考

感情

5感覚

直感

 

みんな大事な機能ですもんね

 

その先に

直観が直結してきます

直観の繰り返しが

ステージアップと言われたり

アイデンティティシフトチェンジになるよ

 

更に成長していこう!

 

 

 


 

 


▼過去記事▼

コロナ時代には、必須なマインド力

自らの体も生活も、自分で守ろう

コロナ時代・免疫力を高める感情コントロールの方法 心と繋がるマガジン#17

コメントを残す

Address

名古屋市西区こも原

phone

090-7955-0735

email

rainbow.55rich@gmail.com

Photo_19-12-11-23-47-41.922-340

Glitter © 2021.
All rights reserved.