【注文住宅】2021年5月2日・上棟式 【略式建前・流れ・準備品・予算・お祝儀など公開】 

 

こんにちは、RIEです

 

ヨガ講師をしたり

マインドトレーナーをしたり

2児の子育てママをしたり

最愛の夫の妻をしております

 

 

上棟式とは?

 

 

屋根の一番高い所に

棟木(むなぎ)という横に伸びる木(横架材)を付ける事を

棟上げ(上棟)と言うそうです

 

柱に対して垂直に渡していく部材ということで

梁や桁などを指すようです

1枚目の画像ですと 大工さんが乗っている木の事でしょうか?

 

教えてもらっても

しっかり理解は出来ておりません(笑)

 

そんな私が記事を書いて

あれなんですが・・・

 

柱に対して 横に伸びてる木を設置して

屋根ができる頃のセレモニー♡

 

これが上棟式です (エッヘン!!)

 

知らない事が世の中いっぱいですので

まだまだ成長盛りのレベルということで

ご勘弁を♡

 

 

岐阜県の東農地方では

建前(たてまえ)という呼び名の方がピントきます

それよりも

家が建つから 餅投げあるよ~ の方が

さらに 馴染み深い

子供の頃 近所で餅投げがあると聞くと

お菓子や小銭を目当てに拾いに行ってました

5円や50円硬貨の お金を投げてましたね

実家も

車庫兼離れを増築したとき

お餅に菓子に包んだ小銭に たくさん投げていました

その当時

『 上って 一緒に投げよう 』と誘われましたが

高いところ+不安定な場所が怖くて

私は上りませんでした

妹は怖がるそぶりもなく笑顔で投げていたのを

今でも覚えています

大人たちは宴会をし 大盛り上がりで

遅くまで大勢の人がいたのも 覚えています

 

今は

 

そんな時代ではないので

略式で我が家は済ませました

 

当日は大工さんのパフォーマンスはなく

上棟式に間に合うように屋根のベースまで

作ってくれました

 

– 当日の画像です –

 

上棟式は

ビニールで覆われた 建物の中で

30分もしないうちに

終わりました

 

式は

棟梁さんが仕切って行ってくれます

こちらは参加するでけです

施工主(主人)がちょっとしたお役目がありました

お酒やお塩のお清めに参加する程度で

子供たちは 建物内を走り回る中進みました

 

 

じゃあ

何が大変だったかと言いますと

準備です

 

上棟式が無事に終えれるよう

その日までの準備が 大変でした!

 

 

準備する物

 

参加者さんの飲食準備

・お昼ごはん

・お茶

・夜ごはん

・お土産ビール

・お祝儀

 

御供

・お米 0.5合 (洗ったもの)

・あら塩.05合

・鯛(お腹の割ってない)

・昆布 7枚

・お水

お野菜【ん】のつくもの

・大根1本

・にんじん3本

・レンコン1本

果物【ん】のつくもの

・リンゴ

・メロン

 

うちの場合は業者さんが

・日本酒

お祝いで用意してくださいました

 

お昼のお弁当は 実家で食べてもらいました

お弁当にお吸い物

お茶と食後のコーヒーを出しました

その後

お式の準備に入り

13:30から上棟式を行い

片づけなども入れ

14:15には 皆さん撤収されました

 

コロナ時代と言うこともあり

皆さんに 実家に入ってもらう事

遠慮される?! & 嫌がる?!

飲み物やお吸い物とか

出していいのか?

前なら聞かなくても良かったであろうことなど

業者さんと相談連絡が多くて

気疲れしましたね・・・。

(無事終わってよかったです♡)

 

費用

 

■食事

お昼と夜は同じお店の 仕出しを注文しました

 

お昼の幕の内弁当

1,000円×13名

夜の折

5,000円×8名 (持ち帰って頂きます)

 

■エビスのビール

2ケース 12,000円

(一人6本づつの手土産)

 

■お供え物

3,500円くらいです

 

■お祝儀

棟梁 50,000円

現場監督 30,000円

大工1名につき 10,000円

 

 

エビスビールは縁起イイ感じで

好きです♡

今だけなのか?ホワイトという限定品を見つけて

即これに決めました!!

実物はすでにないので

こんな荒い画像ですみません!

味は飲みやすくて美味しかったです

値段は 1ケース6000円程

 

上棟式は はじめてなので

工務店さんと相談して相談にのってもらって

あれこれ 決めていきました

 

今は上棟式はやらない

そんな家庭も増えているそうです

 

工務店さんに上棟式について教えてもらった事

少しシェアします

 

行うとしたら

施工主さんのお気持ち加減で行われます

・お昼だけ頂いた

とか

・夜食事の折にビール2本頂いた

とか

今は 昔と違って+コロナもあり

簡単に済まされると聞きました

 

必ずやらなきゃも 答えも決まっていません

どこまで どのようにやりたいのか

施工主が

気持ちがいいところで 行うのが一番だと思います!

 

 

上棟式を終えて

 

上棟式は先月聞いて

あ、そんなのやるんだ!

知らない事ばかりでお恥ずかしいですが

家を建てた事がないなら

この気持ちや感覚分かってもらえると思います

 

そんなこんなで

上棟式の準備をはじめました

いろいろ準備をしていく中

私たち家族が安心して暮らしていける家を

建ててくださる大工さんたちとの

唯一のコミュニケーションの場になったと思います

とくに我が家の場合は

現在住んでいる県に 建築しません

頻繁に現場には行けません

特に主人や子供は

どんな人たちが建ててくれるのか知る

そして

どんな家族が住むのかを知ってもらう

そんな交流の時間とも言えます

 

決して大工さんたちと

密にはなれませんが (笑)

 

お互いが気持ちよく進んで

無事に家が建ちますように

祈りと笑顔で終えれて

我が家はやってよかったです♡

 

迷われる方は

ご家族と納得いく進め方をされれば

きっと満足だと思いますよ♡

 

 

最後に

我が家の紹介します

平屋建築プラン

 

6LDK+ロフト

敷地面積:550㎡(166.38坪)

平屋:182.95㎡(55.34坪)+ロフト12畳

 

新年1月:造成工事スタート

田んぼを宅地へ変更して建築

 

 

隣の実家の高さと合わせるため

埋め立てました

 

3月28日:地鎮祭

記事はこちらより

【岐阜県】地鎮祭に準備したもの お供え・服装・初穂料公開【お家作り】

 

 

1月 造成

3月 地鎮祭

5月頭 上棟式

10月頭 完成予定

 

こんな感じの流れで進んでおります!

 

内装が

まだまだ決まっていません(汗)

かなりのペースで打ち合わせが入っております

 

ようやく具体的になり

実感がわいてきました!

 

次回は

電気工事の打ち合わせについて

書いて行こうと思います!

 

 

じゃあまたね

 

 


▼関連記事▼

計画期間長すぎの我が家は

:とことんマイペースです 記事はこちらより

田んぼ~宅地へ  造成工事が着実に進んでいます 【岐阜県・田舎で平屋LIFE】

コメントを残す

Address

名古屋市西区こも原

phone

090-7955-0735

email

rainbow.55rich@gmail.com

Photo_19-12-11-23-47-41.922-340

Glitter © 2021.
All rights reserved.